デントマンのリペアブログ

デントマンのリペアブログ

 デントリペア施工例(BMW)

デントリペア ライトニングがお届けする、
デントマンの日常~デントリペアの施工例まで…。
ブログで様々な内容を重ねていきます。

 

ご近所さまです

 
デントリペア施工例(BMW)

BMW X5

BMW・X5です。 

ヘコミの場所は右リアドアの下の方にありました。
今回のお客さまは非常にご近所のかたでビックリ。

お電話いただいた時に「お店の場所はわかりますか?」と伺ったら「よく前を通っていますからわかりますよ(笑)」とおっしゃっていました。
ありがとうございます。やっぱりご近所地元の方に来ていただけるのは非常にうれしいものです。

さてご依頼のヘコミはずっと気になっていたものだそうなんですが、なかなか直すきっかけがなかったそうで…。

思いのほか近くにデントリペアのお店がある事をお知りになってご来店いただきました。
やや鋭くへこんでいて、傷もあったので塗装の割れに細心の注意を払いながらじっくりリペア。

 
 

気になるヘコミ

 
デントリペア施工例(BMW)

BMW Z4

BMW・Z4です。
わずかですが左ドアハンドルの下にヘコミが…。

このお車は右ハンドルですのでさほどではないかもしれませんが、ドアハンドル回りなどはいつもに目線が行く場所なのでちょっとしたヘコミでも目立ちます。

ドアパンチを受けたのでは…とお客様。
幸いにもキズはありませんでしたが、ヘコミに黄色い塗料が付いていたそうです。

いつも多少長めに作業時間をいただくのですが、ほどなく終了。
仕上がりを見て大変よろこんでいただけました。

 
 

こんなヘコミも直ります

 
デントリペア施工例(BMW)

BMW Z4

BMW・Z4です。
ヘコミは右のリアフェンダーにありました。

プレスライン(ボティーの山になっているカーブの部分)がガッツリと折れるようにへこんでいます。
最初にこのヘコミを拝見した時には「ン~、キビシイかも…」と思いましたが…。

なぜかといいますと通常のリアフェンダーのタイヤに近いこの部分は、裏側にあるパネルが張り合わせになっていてデントツールが入る隙間があまりない事が多いんですね。
軽いヘコミであればツールをいくつか使い分ける事でリペアできるのですが…。

これだけプレスラインが折れる様にへこんでいる場合には、しっかりとしたツールでキッチリと押せる状況でないと…。
そう考えながらツールを入れる場所を確認。

ツールがまったく入らないようであれば今回は…。とも考えましたが…。
BMW・Z4のこの部分は裏側に張り合わせの鉄板がない構造でした( ̄▽ ̄)!

これは通常のクルマのフロントフェンダーと同じ構造です。
樹脂製のライナーと呼ばれるカバーをめくると、直接ヘコミの裏側をじかにさわれるような作りです。

お客様はどうしても鈑金して再塗装になるのは避けたいとのことでしたので、少し長めのお時間をいただきリペアを開始。

 
 

じつは…

 
デントリペア施工例(BMW)

BMW M3

BMW M3です。

2ドアクーペです。ん~…。カッコイイ…。
タイヤ&ホイールもスーパーカー並みに太かったです。

とてもキレイにされているお客様で、カーボンパーツのリップスポイラーや内装パーツなどがちりばめられ、センスよくまとまっているのが印象的です。

今回のへこみ、左右のクォーター(リアフェンダーです)を施工させていただいたのですが、右のクォーターのへこみ(歪みを含めて~4cmぐらい)は他店様での施工の手直しでした。
(画像については……。公開を控えさせていただきます。もし万が一、私が逆の立場でしたらつらくなってしまいますので…)

引っ張り(プーリングといいます)で施工されたらしいのですが、へこみの中芯が上がらずに周りの部分だけ盛り上がっているような状態でした。

プーリングでの施工、ケースによっては裏側からツールで押し上げていく通常のリペアより難しい場合があります。
直す前の一番最初の状態をみていないのでなんともいえませんが、プーリングの場合には鋭いへこみほど完全修復が難しくなってきます。

ですのでなぜそうなってしまったのかという理由については、イタイほどよくわかります。