デントマンのリペアブログ

デントマンのリペアブログ

HOME | デントマンのリペアブログ | フォルクスワーゲン

 デントリペア施工例(フォルクスワーゲン)

デントリペア ライトニングがお届けする、
デントマンの日常~デントリペアの施工例まで…。
ブログで様々な内容を重ねていきます。

 

そんな時は…

 
デントリペア施工例(フォルクスワーゲン)

フォルクスワーゲン ポロ

フォルクスワーゲン ポロGTIです。
今回はキズもあり、小さなヘコミでもあるんですが…。

運転席のドアを開けてすぐ、シートベルトのある柱の外側にありました。
ドアを閉める際にシートベルトのバックルを挟んでしまったとの事。

乗り降りする時に毎回目につくので、気になってしまうとのお話。

私はそのお気持ち、よーくわかります。
見ないように、と思ってもつい見てガッカリしてしまうんですよね。

この部分はBピラーと呼ばれる場所なんですが、車の剛性を保つ重要な部位のため複層構造になっています。
多分デントツールを入れられる穴はない、との予測で内張りを外して見たんですが……。

 
 

滅多にないです

 
デントリペア施工例(フォルクスワーゲン)

フォルクスワーゲン ポロ

フォルクスワーゲン ポロです。

今回はヘコミではなく、出っ張りです。
ルーフ(屋根)の前方、マップランプの真上あたりに、僅かながらですがポツンとあります。

 
 

そういえば…

 
デントリペア施工例(フォルクスワーゲン)

フォルクスワーゲン ゴルフⅤ

VW・ゴルフⅤです。
左のフロントドアに駐車場でいつのまにかドアパンチを受けてしまったようで…とお客様。

「ゴルフって、ドアパネル外せるんですよね?」

!?!? そういえば…Σ( ̄ロ ̄lll)
最近、お乗りのお車に関してとてもお詳しいお客様が多いです(;´▽`A``

そうなんです。ゴルフは型式によっては外板だけ取り外すことができるんです。
そこまでする機会はめったにないですが…。

ということは外板だけ交換もできるということですよね。
損傷度合いにもよりますがドア交換の際、外板だけで済んだらとってもエコロジーです。
国産車では見られない構造ですね。

今回のリペアではヘコミ裏側の状況を確認したところ、障害物などはなかったので外さずにリペアできます。

ヘコミの裏側に構造部材(ドアインパクトバーやフレームなど)があると、デント用ツールを入れるだけで大変な時もあるんですが、ヘコミのある外板だけ外してリペアできたらとってもやりやすいですね。

今回はいつもの蛍光灯を写し込んだ状態ではヘコミが分かりにくかったので、お客様にリペアのビフォーアフターで仕上がりを確認していただくときに使用しているリフレクターボードを使って写真を撮ってみました。