デントマンのリペアブログ

デントマンのリペアブログ

 デントリペア施工例(日産)

デントリペア ライトニングがお届けする、
デントマンの日常~デントリペアの施工例まで…。
ブログで様々な内容を重ねていきます。

 

新時代です

 
デントリペア施工例(日産)

日産 ノートHBニスモ

日産 ノートHBニスモです。
ヘコミは右フロントドアにありました。

購入されてからまだ3週間しかたっていないとの事!!
できれば鈑金塗装は避けたいので…、と色々と検索されたそうです。

ヘコミの塗装表面に磨いても落ちない深いキズがある場合、直すには塗装するしかないんですが、今回のような場合はデントリペアがベスト!
プレスラインをまたいでいて少々範囲の広いヘコミなんですが、このぐらいであれば問題なく直せます。

 
 

遠くからありがとうございます

 
デントリペア施工例(日産)

日産 キューブ

日産・キューブです。

埼玉県熊谷市からのお客さまでした。
遠方からお越しいただきまして本当にありがとうございます。

ご依頼のヘコミの場所はバックドア右側・ガラスのすぐ脇の部分でした。
お電話いただいた時にヘコミの場所を伺っていたので予想はしていましたがこの部分、ツールアクセスが難しいです…。

思いのほか深いヘコミなのでキレイに仕上げるためにはツールを入れる必要がありますね…。
最初はプーリング(ヘコミを引っ張り出す工法です)を考えていましたが予定変更。

ツールを入れる穴を探します。ん~かなり距離はありますがヘコミの裏側にツールが届く穴を発見!!
角材が倒れて当たった様なヘコミで中心部分の鉄板にクセがついていましたが…。じっくりと押し上げていきます…。(写真の左側の黒い場所はバックドアのガラス部分です)

 
 

気を使われて…

 
デントリペア施工例(日産)

日産 モコ

日産・モコです。
ヘコミは左のリアドアでした。

実は…とお客さま。
「お支払いされる方に悪くて…」
あまり詳しい事情はかけませんが、販売店様では4万円以上かかるとの事だったそうです。

ちよっと金額的にかかってしまうので…と色々調べられ、デントリペアなる工法を発見。
販売店様で聞いてみたところ「このヘコミはデントリペアではちょっと無理」との判断。

さらに詳しく調べられ、専門店である当店へ行きついたそうです。

ご自分でつくってしまったヘコミではないそうで「別の方が修理代金を持たれるのでなるべく安くと思ったんですが…思いのほかかかるみたいで」

そうなんですよね…。クルマの修理代、特に鈑金塗装って高く感じるんですよね。
でも私も10年以上、鈑金塗装の工場でクルマの塗装をしていたのでかかっている時間、技術、設備を考えるとやっぱり仕方がないんです。

たしかに今回のヘコミをみるとプレスライン(山になっているボディーの曲線部分です)がガッツリつぶれてしまっているので難しい部類のリペアです。
おそらく裏側に補強があってデントツールも入りにくい場所ですよね。

しかし当店ならデントツールさえいれられれば…。なんとかなります。
結果、リペアとしてはやはりツールが非常にいれづらい場所だったため時間はかかりましたがキレイにリペアできました。

 
 

アルミパネルでも大丈夫です

 
デントリペア施工例(日産)

日産 スカイラインGT-R

日産・スカイライン GT-R(R34)です。

実は私、GT-R好きなんです。本気で購入を考えているぐらいで…。
最近のGT-R(R35)も良いのですがR32からR34に積まれているエンジン、RB26の音がとても良いですね~。

毎回、私好みのお車でお越しくださるお客さまがいらっしゃるたびに似たような事をいっていますが…。

いけませんね、私情をはさんでは…。でもリペアに関しては全く私情ははさまず、どのような年式や車種のお車であっても全力で完全修復をすべくリペアにあたらせていただいておりますのでご安心を( ^ω^ )

さて今回ご紹介のリペアは右フロントフェンダーに4箇所のへこみでした。

お子さまがフェンダーに自転車を倒してぶつけてしまったそうです。
GT-Rのフェンダーとボンネットはアルミ製で通常のデントリペアではリペアが難しいため、きれいにリペアできるか心配されたそうですが、当店では全く心配ありません。
通常の鋼板と変わらぬリペアが可能です。