デントマンのリペアブログ

デントマンのリペアブログ

デントリペア右リアクォーターメルセデスベンツ

お気持ちわかります

 

メルセデスベンツ C200です。
今回はあまりないケースのヘコミでした。

言葉では説明しづらい場所なんですが…。

右リアドアを開けた内側の部分で、右リアフェンダーの前側です。
リアタイヤ前側のななめ上あたりの位置です。

できた状況としては右リアドアから乗り込む際、何かを挟んだまま強くドアを閉めてしまったようです。

 

デントリペア施工例(メルセデスベンツ)

メルセデスベンツ C200

デントリペア施工例(メルセデスベンツ)

右リアドア内側(デントリペア施工前)

デントリペア施工例(メルセデスベンツ)

右リアドア内側(デントリペア施工後)

 
お客様はまったく覚えがないそうなんですが…いったん気が付いてしまうと気になって、との事。
リアドアから乗ろうとした人が開けたとたん、ハッ!!っとしてしまうかもしれません。

ただ普通ですと、ツールアクセスが非常に難しい場所。

リアシートと内張りを外しても、ツールが入らない可能性大です。

もしそうだったとしたら……。

まず国産車ですと

1. 裏側に穴をあけてでもツールを入れる(ツールが入れば問題なく直ります)
2. 鈑金塗装でパテを盛り、塗装をして直す
3. 両方とも気持ち的に抵抗があるので、そのままにする

の三択になってしまいます。

表から引く方法(プーリング)もありますが、今回は裏から押すのがベストです。

なんですが!!!!

輸入車の場合はホイールハウス内側のカバー(ライナー)を外すと、キャップのついた穴がいくつもあいている場合が多いんです!!!

ジャッキアップをしてリアタイヤを外し、チェックしたところ……。

ありました!!

私だけでなく全国のデントリペア屋さんが、幾度となくこの穴に助けられていると思います(笑)

少しお時間をいただきましたが、問題なく仕上がりました。

デントリペアでヘコミが塗らずに直る事に、とても感動されたとのお話でした。
大変喜んでいただけて、私も嬉しいかぎりです。

デントリペアで直すヘコミは、毎回ケースバイケース。
車種が同じであっても、位置が変われば大変な場合もありますが…。

どんなヘコミでも気になったら、まずは相談ください。
デントリペア ライトニングをご利用いただき誠にありがとうございました。

営業状況のご案内
2017年 / 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 
2018年 / 1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
通常営業 休業日